「腋臭症」は日本人だと目立ちますよね。保存療法と手術の2つの治療法があるそうですのでご安心ください

日本人は世界的にみても体臭が少なくほうだと言われています。それゆえに他人の体臭に対して敏感ではないでしょうか?

いわゆるワキガと呼ばれるもの、医学的には「腋臭症」(えきしゅうしょう)と呼ばれる症状はどうして起きるのでしょうか?

体毛が生えている根元の部分を毛根と言いますが、この毛根を覆う毛包と呼ばれる器官には皮脂を出す「皮脂腺」や「アポクリン汗腺」などいくつかの器官がつながっています。特に汗腺は汗を出す重要な役目を担っています。

このアポクリン汗腺の細胞から出る汗ですが、これが表皮に染み出た際、皮膚にいる細菌によって分解されることによって生じる匂いが「腋臭症」の理由です。

アポクリン汗腺は第二次性徴以降に発達するので思春期以降になると「腋臭症」は増加します。

匂いなので個人差もありますし、さらに言えば周囲の人間が気にならなかったらそもそも気づかれもしませんが、汗をかいた後、特に脇の下の部分が黄色く変色してしまう場合は腋臭症の疑いが濃厚だそうです。

あと、耳垢が粉っぽい人とねっとりした人がいますが、後者(湿性耳垢といいます)の場合は腋臭症である可能性が高いのだそうです。

一方、本人が「腋臭症だ」と思っていても、思ったほど周囲が気にしてないケースもあります。要は匂いですから本人が過敏になっていることもあるのです。

では、実際に腋臭症の場合、どのようにして治療するのでしょうか?

主に保存療法と手術があるそうです。

保存療法では、まず匂いの原因になる皮膚の細菌を殺菌します。皮膚をいつも清潔に保つようにしますが、毛が多いと雑菌が繁殖してしまうのでわきの脱毛などを行います。消毒用エタノールを塗布したり市販の制汗剤の使用も効果的だと言われています。

さらに「ボトックス注射」という方法で汗の量を減らす治療があり、これは非常に効果的と言われています。そもそも汗が出なくなれば匂いも発生しようがない、というわけですが、ボトックスは効果が半年ほどのため定期的な治療が必要なのと自費診療となるのがネックです。

保存療法で改善が難しい場合には手術による治療となります。手術でアポクリン汗腺自体をの切除してしまうわけです。

ただし目視で切除するので少しばかり残っていることや、細胞なので再生することもあります。そのため100%症状がなくなることはありません。およそ一週間程度は入院することが多いそうです。また数か月は激しい運動もできません。手術は保険が適用されます。

デンスパッキングはどれくらいの密度?

デンスパッキングが最近は流行っているようですね。
高密度の植毛手術をすることですが、実際どれくらいの密度なのかわからないまま治療をする人も多いようです。

提唱者のシーガー医師によるとデンスパッキングの定義は30~35/㎠以上での密度のことをデンスパッキングと呼ぶようですが、最近はあいまいになってしまっている気が…

密度を図らずに適当に行っているクリニックも多数存在すると思います。
カウンセリングの際に医師にカマをかけてみてもいいかもしれませんね。

医者のことを素直に信用できない世の中というのは世知辛いものがありますが、仕方ありません。文句を言っても何も変わらないのでうまく私たちが適応していくしかないのです。私の友人は人間不信になってしまいました。

クリニックで自毛植毛の治療を受けたのですが、
最初に掲示された料金以上にとられてしまったらしいです。
どんどん追加料金を言葉巧みに絞りとられてしまい、貯金がなくなってしまったそう。
お金がなくなるというのは一番心にきますからね…

特に頭髪のコンプレックスは恥ずかしくて相談できる人も少ないでしょう。
ましてや植毛クリニックで騙されたなんて普通言えません。泣き寝入りしてしまう人も多いかと思います。

特に海外での植毛はトラブルが絶えません。価格が安いためわざわざ韓国で植毛する人もいるみたいですが、勇気あるなぁ・・・と思いますね。
下調べをちゃんとしていたら間違っても韓国ではしないはず。

日本人に悪感情を持っている方々に丁寧な施術なんて期待できないでしょう。
逆にこういうリスクがある治療は多少費用がかかってもしっかりとしたところで受けた方いいです。

価格が高い場合、もし何か異常が合った時の対応も丁寧です。
自分の技術に自信があって、責任をとるという気概がない限り、高いお金をとるなんてできません。ましてや長く続いているクリニックの場合。

植毛の手術をするのも受けるのも人間なのです。

患者側も横柄な態度をとらないようにしてください。
嫌いな患者は適当に施術をするなんて人もいるかもしれませんから。
人が施術をし、人が施術を受ける限り、トラブルとは常にとなりあわせなのです。

お金を払ってるんだから何でも言うことを聞くと思ったら大間違いですよ。

人体の神秘?ムダ毛が生え代わる「毛周期」を見定めて脱毛をしましょう

エステサロンや美容クリニックで脱毛する場合、回数の差こそあれ同じ個所を期間を開けて何度か脱毛します。美容クリニックで行われるレーザー脱毛の場合、数回は同じ個所にレーザー照射するそうです。

レーザー照射で熱せられた毛根は死滅するので、その毛根から再び毛が生えてくることはほとんどありません。ところがレーザー照射後、数か月もすると施術した場所にまたムダ毛が生えてくるんです。

これは「毛周期」(もうしゅうき)という毛の生え代わるサイクルが存在するからです。
表皮から発毛している毛は毛根全体の1/3程度と言われています。では残りの2/3はどうしているのかというと「眠っている」のです。眠っている、つまり毛を生やさず休眠しているのでそもそも脱毛用レーザーに反応しないのです。フラッシュ脱毛でもレーザー脱毛でも基本的に発毛していて黒い色になっている毛根しか処理できないのです。

実はムダ毛に限らず体中の毛は「生えて抜け落ちる」というサイクルを繰り返しています。この毛周期には毛が伸びる「成長期」、その後に来る「退行期」、抜け落ち休眠する「休止期」があります。周期は順番に繰り返すので抜け落ちたところには新たに毛包が生まれて、また成長していきます。

この毛周期、毛の場所によってだいぶ違うんです。たとえば毛髪だと、成長期は5~7年ほどと非常に長く、その後退行期が3週間ほどで、3か月程度の休止期を迎え、また成長期に入ります。反対に眉毛は周期が短い部位の1つ。なんと3カ月程度で生えかわります。

このように部位によって毛周期が異なるので、それぞれの部位に応じて脱毛するペースを決めていかないといけません。

ちなみに数回レーザー照射を繰り返すとさすがに生きている毛根も減ってくるので発毛もまばらになるそうです。

また部位だけでなく個人差もあるので、人によって毛周期はバラバラです。サロンやクリニックによっては毛周期をだいたい予測して施術するところもあれば、予測は難しいから一定期間で施術する、というところもあるそうです。

ただ施術を受ける本人が自分の体をみれば、ムダ毛が再び生えてきてるかどうかはわかると思うので、ご自身の判断で施術を受けるタイミングを決断するのもいいかもしれませんね。

チューブパンチで毛根を採取する時代

昔は植毛をする際、メスで移植する部分の毛根を切り取っていたのですが、怖がる患者さんが多く不評だったようです。

現在はメスを使わずにチューブパンチと呼ばれる器具で移植毛を採取しているようです。また、移植する部分に新しい毛穴を作成する時もチューブパンチを使用します。

クリニックによっては移植部のホールの大きさが違います。
基本的に小さい方がかさぶたや傷跡も目立ちにくく、高密度の植毛が可能となります。
ホールの大きさでクリニックを選択してもいいかもしれませんね。

チューブパンチを使用する植毛手術が生まれた瞬間に申込みが殺到したこともあるんだとか…どれだけ怖がりの方が多いのでしょうか…

私からしたらチューブパンチで頭皮に穴をあけるのも十分怖いと思うんですけどね。
どうしてもメスに恐怖を抱く人が多いんですかね。
私の兄も先端恐怖症なので、おそらくメスの手術は受けられないでしょう。

メスで切除していないということもあり、傷跡の回復が早いというのも大きなメリットなようです。生着率も自毛植毛の中では最高レベルなんだとか。
手術にかかる時間もそんなに変わらないみたいです。

確かにこれだけ聞いたらチューブパンチってすごいなぁって感じますね。
さらに驚いたことにデメリットがないんです。
メスを使用した手術よりもあらゆる点で優れているんです。

時代は変ったんだなぁと思わされます。
医師の技術が重要になってくるという面はありますが。

実物を見ないとどういう器具なのかわからないと思いますが、
非常に小さいですよ。本当にこんなので頭皮に穴があくのかと疑問を感じるレベルです。一応、麻酔をかけてからドナーの採取や頭皮に穴をあけるので安心してください。

痛みはほとんど感じることがないでしょう。

しかし、メスを使って治療していたものをチューブパンチで治療しよう!という発想がすごいですね。発案した人は天才だと思います。特許とかとってるんですかね?
世界中に広まっている技術を発案した人ってかなりお金が入ってきそうです。

私も何か革新的なものを発明できるような人間になりたいですね。
植毛に関連したものじゃなくて。
何か女子禁制みたいな感じがするので植毛業界は難しそうです。

永久脱毛は毛根をどうやって処理するかにかかっています。毛を作りだす源が存在する「毛根」とはどんな場所なのでしょう?

人間の体毛の構造を大まかに説明すると、表皮の上の部分、つまり普段見えている部分が「毛幹」と呼ばれ、ここには栄養を直接送り込む血管はもちろん細胞核などもなく、いわば生きてない部分です。それに対して表皮より下の部分を「毛根」と呼びます。毛根は毛胞という組織で包まれて守られています。毛根の一番下にはふくらんだ部分があり、ここは「毛球」と呼ばれています。この毛球の先端部には「毛乳頭」があります。

毛母細胞が毛になるわけですが、毛乳頭は毛を作る司令塔のような役目を担っています。毛細血管から運ばれてくる栄養や酸素を毛を生み出す毛母細胞に受け渡す役目を果たしています。それだけでなく毛乳頭から様々な情報が毛母細胞に伝えられることで、毛母細胞の細胞分裂はコントロールされています。毛乳頭に栄養を送り込む毛細血管は網の目のように周囲に存在しています。

毛乳頭から指示された毛母細胞はおよそ1日ごとに細胞分裂して、その分裂した細胞が「角化」といって硬くなることで毛になっていき、それの積み重ねで毛は伸びていくというわけです。

この毛乳頭に毛母細胞があれば、毛を抜いてもまた再生できます。よく剃毛するだけでなくブラジリアンワックス等で毛を抜く女性がいますが、抜いても毛が再び生えてくるのはこの毛母細胞、毛乳頭が毛根のなかに残っているからなんです。

ですから女性の脱毛で「永久脱毛」するにあたっては、この毛根の機能を停止させなければいけません。

そこで古くからある針脱毛では針を毛穴から挿入して毛根を直接焼いてしまうという方法をとります。ですがこれは非常に痛みがあり手間もかかります。

そこで最近では強いキセノンランプを使ったフラュシュ脱毛や、さらに強力な医療用レーザーを使用するレーザー脱毛が主流になりました。これらの脱毛法では肌にライトやレーザーを当てて、その光を肌の黒い部分にだけ吸収させることで、黒い部分、つまり毛根を熱して焼くのと同じ効果をおこして脱毛します。

反対に男性の薄毛治療では毛根の毛細血管を拡張する薬などを使って栄養を送り続けるようにする治療が行われたりします。

どちらにせよ、毛根は毛に関わるもろもろの事柄において、もっとも重要な存在であるといえるでしょう。

みなさん!「毛球」は「けだま」じゃありません。「もうきゅう」と読みますよ~

人間は全身に毛が生えています。生えている場所によって毛の長さや太さ、その生え代わりの周期などに差がありますが、基本体毛の構造は同じです。

体毛は主にケラチンでできています。顕微鏡で見るとわかるのですがキューティクルがつみかさなってうろこのように見えます。これははるか古代に人類の祖先は鱗でおおわれていて、それが鳥であれば羽毛に、私たち哺乳類は体毛に進化したことを思い出させてくれます。

体毛のうち表皮より上に露出している部分を毛幹と呼び、対して表皮より下に隠れている部分を毛根と呼びます。

人間の皮膚は主に表皮、真皮に分けられますが、毛穴から表皮の部分では毛根は毛包に覆われていて、真皮の部分までくると毛包に皮脂腺という皮脂を分泌する器官がつながっています。

そして真皮から皮下組織にかけての部分で毛根は膨らみを持ちます。ここが「毛球」です。体毛の根元に当たる部分です。

毛のもっとも根元の部分、膨らんだ部分には毛母細胞が存在します。この毛母細胞こそ毛を生み出すそもそもの存在です。毛母細胞が分裂すると角化といって硬くなり毛となって表皮の方に伸びていきます。この繰り返しで毛は伸びるわけです。

毛母細胞が毛を生み出すには当然栄養が必要です。その栄養を供給しているのが毛球の組織の1つ、毛乳頭です。毛乳頭の周囲には毛細血管がたくさんあります。ここから常に栄養を補給し、それを毛母細胞に送るだけでなく、必要な指令を伝えたりもしています。毛をつくる指令塔のような役目を果たしています。

女性で「永久脱毛」したいという型が最近増えていますが、この毛球の中の毛母細胞が生きている限り、毛をいくら抜いても再び生えてくるのは避けられません。「永久脱毛」とは皮膚の奥にある毛球のなかの「毛母細胞」を退治しないことには実現しないのです。

表皮、真皮は体を外敵から保護しているのでそれなりに頑丈です。ですから簡単に退治できません。そこでフラッシュ脱毛やレーザー脱毛のように表皮に害を与えず真皮まで届く「光」を使って毛根を熱する方法が開発されたのです。

ちなみに「毛球」でネット検索すると猫や犬の「うんち」がヒットすることがありますが、それは「毛玉だろ」って思います。「毛球」は「けだま」じゃありません。「もうきゅう」と読みますのでよろしく。

チーム医療が当たり前の時代になってきてます。

1990年代までは一人の患者に対して一人の医師がどんなケアをするか決定して、
看護師や薬剤師、栄養士などに業務を指示していました。

最近では患者の状態次第で関係する専門職が集まって、
チームでどのような治療をしていくか考えるのが一般的になっています。

医療が高度化して主治医一人だけの判断で様々な情報を総合して判断することができなくなってしまったんですね。

また、手術の際もチームを組み、
患者に負担を与えないように迅速な手術が実施されているようです。

私がチーム医療という言葉を知ったのは父が植毛手術を受けてからなんですよ。
父は薄毛の部分が広すぎて普通のクリニックだったら複数回手術する必要があると言われてたんです。

面倒くさがりの父はそんな何度も長い手術を受けたくない!とダダこねて、
一度で手術を終えることができるクリニックを探してしていました。

そしてついに見つけたんです。
チーム医療を行っているため、一度の手術で薄毛の部分を十分に隠すことのできるクリニックを。植毛最先端の技術を有するアメリカの1/4のスピードで植毛できるんだとか。
移植を短時間でできるので定着率も高いそうです。

これだけのスピードで施術を受けることができるのは日本でも一つしかないんだそう。

このクリニックを見つけられずしぶしぶ何回も
植毛手術を受けてしまっている人もいるんだろうなぁ…

開院したばかりのクリニックなのでまださほど認知されていないようです。
こういう素晴らしく高い技術を持っているクリニックに限ってあまり大々的に宣伝していないんですよね…

だからよく調べずに適当にクリニックを決めてしまう人は後悔してしまうんですよ。
まぁ、このブログにたどり着いている人は総じて意識が高い人だと思うので大丈夫でしょう!

高い技術を有するクリニックは手術の値段も若干高いですが、
それだけの価値はありますよ。

何より施術時間が短く済むところを選んだ方が良いです。

医師の技術がないとダラダラ長時間で手術を受けることになり、
精神的にまいってしまいますからね。

無料カウンセリングの際に大体手術にどれくらいの時間がかかるか医師に確認してみると良いでしょう。クリニックによって全然違う時間を言われることもあるので面白いですよ。

ショックロスで毛が抜け落ちる?

自毛植毛をしてご満悦だった友人が今日会ったらものすごい落ち込んでました。
どうやら植毛をしたはずの毛がほとんど抜け落ちてしまったようです。
約100万円も払って治療を受けたのにとんだ失敗です。

おもわず、笑ってしまいそうになりましたが、私の評判が悪くなりそうなのでぐっとこらえて親身に励ましてあげました。

その日のご飯はすごいおいしかったです。

それから3日後…
また、その友人の姿を見かけたのですが、今度はイキイキしていました。
私が励ましたおかげで前向きに人生を歩いて行けるようになったのかと思いましたが、
違うようです。

どうやら植毛手術をした後、稀に植毛した部分と周りの毛が一時的に抜ける現象があるようです。これをショックロスと呼ぶんだそう。
1年すれば必ず元に戻るから心配する必要がなかったとのこと。

基本的に植毛してから1~4ヵ月ほどの時期はショックロスが起こりやすいんだとか。
10日ほどで発症するケースもあるようですが、事例は少ないです。

手術後の組織の炎症反応、手術の際の局所麻酔が原因と考えられていますが、
詳しいことはまだわかっていません。

自毛植毛の手術をしてからすぐにミノキシジルを頭皮に塗るようにすると、抜け毛を少なく抑えることができるという声もあります。
ただ、万人に効果のある方法とは言い難く、まだまだ研究段階です。

時間が経てばまた生えてくる…それが彼に希望を与えたのです。
何年でも待つ!とすっかり元気になっていました。
髪が生えてくるとわかるだけで人間ってこんなに元気になるものなのでしょうか。

あと半年以上はハゲの状態が続くのに。

私としてはちょっと残念です。
いや、別に彼のことが嫌いなわけではないんですけど。
ただ、失敗したっていうほうが面白いじゃないですか。

人が落ち込んでいる姿って何とも言えない哀愁があっていいですよね。
とりあえず半年後を楽しみにしましょう。フサフサになって本当に人生が変わったのか?インタビューをしてみたいと思います。

所詮、髪があるないで人間の器なんて変わらないですよ。
ハゲでもイケメンはイケメンなんです。
ダルビッシュも将来的にははげるでしょう。
それでも、彼はダンディなままだと予想してます。

毛幹は毛髄質とその周囲を包むキューティクルで構成されています。キューティクルを顕微鏡で見ると「うろこ」のように見えますがそれはなぜでしょう??

「毛」の「幹」と書いて毛幹(もうかん)と読みます。
ていうか、「毛って枝毛にならなきゃ幹だけじゃん」って思う人もいるかもしれません。
毛の根元の部分を「毛根」と呼びますが、それに対して幹に当たる部分だと考えればいいでしょう。

毛幹とは毛髪の頭皮から外に出ている部分を指します。つまり見えている毛が毛幹だと思ってください。

毛幹は中心に「毛髄質」(もうずいしつ)という部分があって、その周囲に「キューティクル」でできた毛皮質(もうひしつ)がつつんでいます。よくTVCMなどで毛髪の拡大映像が流れるのをみたことがあるかもしれませんが、キューティクルはうろこのような形をしています。ちょっと話がそれますが、もともと人類を含む哺乳類の体毛は爬虫類のうろこから進化したものだと言われています。そう考えるとキューティクルがうろこ状なのも自然ですよね。ある意味歴史を感じさせてくれます。毛幹部はなんと約18種類のアミノ酸の化学結合によって構成されています。

ちなみに皮膚の中にある毛は「毛根」になるのですが、この毛根の中にある毛乳頭が毛細血管で毛母細胞に栄養を与えて、毛母細胞が分裂を繰り返して毛は成長していきます。

ただ毛幹自体には血管がないので栄養を吸収できません。もっといえば細胞に核などの組織もなく毛幹自体が再生することはできません。だから生えている毛を途中で切っても切った位置から延びることはなく、毛根から新たに生えてくるのを待たないといけないのです。

逆にいえば脱毛しようと思っても毛幹だけを削除するのでは意味がなく、毛母細胞、毛根を処理しないといけないわけです。そこで女性のムダ毛脱毛においては針にしろフラッシュにしろレーザーにしろ、みな毛根を処理しようとするわけです。

いわゆる「永久脱毛」においては毛根をなくすることを目指します。針であれば毛根に刺して電流を流します。フラッシュやレーザーは毛根が黒い(毛が黒いから)性質を利用してそこだけ熱するようにします。どちらも熱で毛根を「焼いて」しまうわけです。

これによって毛包は機能を続けますが毛根は毛を作らなくなり、永久脱毛できるわけです。

ただ、フラッシュ脱毛などパワーが弱いと時間の経過とともに毛根が再生するので、永久脱毛したい女性は皮膚科で脱毛を行うことをお勧めします。
全身脱毛を行えば、この先の処理もせずに済むでしょう。

適度に新鮮な皮脂が肌に存在するのが一番健康な状態。洗いすぎには気を付けましょう!

皮膚を健康に保つためには水分とともに油分も欠かせません。表皮は体を外の環境から守ることが大きな役割ですが、その表皮をコーティングしてより外部環境から守る役割をしているのが皮膚から出る「皮脂」です。

皮脂は皮膚の角質と一体となって皮膚をガードしています。皮脂は「皮脂腺」から分泌されていますが、基本的に汗を出す汗腺同様、皮脂腺も毛穴のなかにあります。毛穴の奥の毛包に皮脂腺が通じていて、そこから皮脂を出します。

皮脂腺は全身にあるのですが、場所によって発達には度合いの差があります。さらに個人による違いや年齢による違いもあります。

基本、皮脂腺は思春期に最も発達します。毛穴がつまると炎症を起こしてニキビになりますが、思春期にニキビができやすいのは皮脂腺が思春期にもっとも活発になるからです

皮脂腺は皮脂腺細胞が房のようについている構造になってます。細胞の中に皮脂を作って蓄えるのですが最後はつぶれてしまい、それで皮脂が分泌されるんだそうです。

細胞単位で分泌されるから分泌量は一定で、汗のように運動下から出るとか、出続けるとかということもないのです。

ちなみに適度な皮脂は皮膚の健康にいいので、新しい(出たばかりの)皮脂が自然と皮膚を覆う状態は良い状態です。洗いすぎて皮膚を乾燥させることがないようにしましょう。
皮脂は洗い落とされたあと、2時間ぐらい経たないと新しいものが出てきません。ですからこの時間の間は化粧品で油分を補給したほうがいいそうです。

皮脂成分を乳液やクリーム、美容液でちゃんと補給しておきましょう。

一方で洗わないでいると皮脂が酸化します。油が古くなった匂いってわかりますか?あれと同じ匂いが体の一部分や衣服からするようになったら、それは皮脂が古くなって参加してる証拠なので、それは逆に避けないといけません。雑菌が繁殖して不衛生ですし、匂うのは恥ずかしいことです。

あと普段から食品で良い油を摂取することも必要です。食べた油がそのまま皮脂になるわけではありませんが、良質な油分をとることは健康にいいので心がけておきたいところです。

そして睡眠を十分とることをお忘れなく。睡眠時間が足りないと肌がかさつきませんか?あれは水分はもちろん油分も補充されてない状態です。いくら化粧品などで外から補充しても皮膚のなかに水分、油分が足りてないと根本的な解決にはなりませんよ。